ミシンギャラリー山岳部便り 西穂高A
2018/09/19
左は山頂から見下ろした今回のコース。一番下のコブが11峰の独標。手前の三角錐の形がピラミッドピーク。右は上高地と梓川。かなり見下ろしている。


ミシンギャラリ−山岳部便り 西穂高岳
2018/09/19
昨年は天候は最悪で、危険度はゼロに近い2泊3日笠ヶ岳でしたが、Iさんの希望により今年は天候は最高で、危険度は昨年よりレベルの高い西穂高岳へガイドで行って参りました。
独標11峰から山頂までは数か所の難所が有り、特に山頂真下の通称 1枚岩は脚を掛ける隙間もなく三点指示は当たり前で、慎重な判断による一歩一歩が大切です。登りで恐怖を感じたら、絶対に止めるべきです。降りるときは脚がすくんで、前にも後にも勧めません。
ヘルメットにつける動画カメラを車に忘れましたので、貸出SDは有りません。写真は危険な個所を数枚撮りましたが、実感できないと思い、省略します。
写真は山頂からの眺めのみ数枚 掲載します。
初めて登る方、注意箇所を記憶が新しいうちに 詳細に説明いたします。

写真左は山頂での1枚、右はジャンダルム。

ソーライン
2018/09/08
ベビーロックからソーラインブランドの手芸グッズが出ています。左右両利きのハサミ、布書き用シャープペン、水で消えるペン、糸通し器、アイロンパッド・・・などなど、当店で購入できます。早くも両利きハサミは評判の良いお声を聴かせていただいております。

ミシンギャラリー山岳部 笠ヶ岳@
2017/10/06
お待たせ致しました。予告しておりました笠ヶ岳登山の山行報告です。

10月2日初日は、雨の中、新穂高BSを10時出発。十分に時間の余裕を持って出発したつもりでしたが、鏡平までは過去の平均タイムを大きくオーバーし、16時過ぎに到着。鏡池周辺のすばらしい黄葉紅葉も強雨でゆっくり見る事もなく、カメラも出せず、一度もシャッターを切る事は有りませんでした。

写真は3日目に降りて来た時のわさび平手前のブナの原生林です。あと1週間で黄葉のピークになる事でしょう。


ミシンギャラリー山岳部 笠ヶ岳A
2017/10/06
2日目、7時出発。雨の降る中、笠ヶ岳へ出発、稜線へ出る頃には小雨になり、天気が悪い時のお楽しみである雷鳥タイムが!
山荘到着までに3つがい(3家族)がお出迎えで、わざわざ鳴いて居場所を教えてくれたり、最短3メートルぐらいまで近づいてきたり、これには同伴者も感激、興奮で、寒さや疲れも吹っ飛び、思い出の1日となったようです。

ミシンギャラリー山岳部 笠ヶ岳B
2017/10/06
雷鳥タイムが長くなり、15時半に笠ヶ岳山荘着。17時に夕食。18時には疲れの為、就寝。そのまま朝までぐっすり・・・。

ミシンギャラリー山岳部 笠ヶ岳C
2017/10/06
5時起床、少し明るくなった頃には、周りは雲海で、北・中央・南アルプスから遠く富士山まで望め、御岳・乗鞍・焼岳。背後には、三俣蓮華や剣岳の稜線が気温0度の寒さを忘れさせてくれます。


ミシンギャラリー山岳部 笠ヶ岳D
2017/10/06
3日目、7時半出発、これから歩く稜線(写真左)
笠新道分岐から今歩いてきた稜線の向こうの笠ヶ岳を惜しみながら、長い長い下りの笠新道へ。

ミシンギャラリー山岳部 笠ヶ岳E 
2017/10/06
16時半、新穂高P到着。 ひがくの湯。 22時帰宅。3日間、新聞なし、テレビ見ない、スマホ通じず、まさに山籠りでした。

もりのしたてやさん
2017/09/02
当店お客様で、スケート・ダンス・バレエの衣装製作、洋裁教室もされている
 はせがわ なおみ先生が絵本を出版されました。ミシン大好きで、お子様の洋服作りに勤しんでいるお母さん。
お子様と一緒にこの絵本を開いてみて下さい。

前ページTOPページ次ページHOMEページ